キャッシングはいいイメージが付かない

キャッシングと聞くとどうもヤミ金を思い出していけない。 ヤミ金は、金利を異常なまでに上げて借金させるからね。よく漫画とかだとヤミ金でお金借りた人はわざと事故を起こさせて生命保険を強奪する手法が書かれている。 まあ、実際に借金を起こさせて生命保険を強奪する手法がテレビでやっていたな。 ちなみにヤミ金は言うまでもないが法律違反の違法業者だからね。 キャッシングに関しては今が旬の半沢直樹の銀行を思い浮かべてもらえばわかると思う。 原作が実際に起こりうる現実的なのに対してドラマに関してはドラマ用に肉づけされた内容になっている。 例えば悪役の花とかあるよね。ドラマだと良妻ぽっくなっている。 後は、全員の記憶に新しい東日本大震災によって起こった原発核テロ事件の被害者?であり加害者でもある東電の原発再稼働にしてもそうだ。 あれも言ってみれば銀行からお金を貸してもらうために資産である原発を再稼働させてお金を貸してもらい、倒産を回避するために行われている。 ちなみにこれだけ聞くとキャッシングについて悪いイメージしかないんだよね。 実際の所上手く活用すればこれ以上ないほど便利なのは言うまでもないんだよね。